映画映画映画

  • 2009/02/01(日) 23:00:18

大変ご無沙汰しております・・・何とか生きております。
とりあえず生きているということだけ・・・ではなんなので、2008年の見た映画をまとめました。


100点が今年一番と感じたもの。


スマイル-聖夜の奇跡-   100
ライラの冒険-黄金の羅針盤-  20
燃えよピンポン    50
魔法にかけられて   10
ヒットマン   65
ブラックサイト   60
ネクスト    30
スパイダーウイックの謎   70
ハンティングパーティー   65
ミスト   85
最高の人生の見つけ方  80
ラスベガスをぶっつぶせ  70
フールズゴールド   90
インディジョーンズ-クリスタルスカルの王国- 45
ミスターブルックス-完璧なる殺人者-  70
リボルバー   50
ランボー最後の戦場   75
幸せになるための27ドレス   50
奇跡のシンフォニー   85
クライマーズハイ   80
告発のとき   75
レッドライン   70
アフタースクール   90
●REC   80
幻影師アイゼンハイム   75
カメレオン   65
崖の上のポニョ   70
ハプニング   40
カンフーパンダ   85
ドラゴンキングダム   75
100万円と苦虫女   65
闇の子供達   75
ダークナイト   90
靖国   55
イースタンプロミス   70
ベガスの恋に勝つルール   100
ハムナプトラ3   60
デトロイトメタルシティ   60
ハンコック   60
テネイシャスD   70
パンダフルライフ   70
セックスアンドザシティ   40
幸せの1ページ   50
アイアンマン    80
おくりびと    85
俺たちダンクシューター    50
片腕マシンガール    80
天元突破グレンラガン-紅蓮編-   90
ストリートレーサー   50
ウォンテッド   75
12人の怒れる男達   90
容疑者χの献身   85
イキガミ   70
ホットファズ俺たちスーパーポリスメン   80
ゲットスマート   80
私がクマにキレた理由    80
イーグルアイ   70
レッドクリフ  70
パコと魔法の絵本   90
デスレース   70
トロピックサンダー-史上最低の作戦-  60
ゾンビストリッパー   50
1408号室   90
ブラインドネス   60
ワールドオブライズ   70


以上全65本
随分見たなーw
まぁ個人的な嗜好が強いので、異論はいつでも歓迎w


平均値約69点はやや甘めの評価だったかも



下記ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング ドット ネットTREview

天元突破グレンラガン

  • 2008/10/23(木) 11:01:19

今回は劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇です。

劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇@映画生活

以下映画生活よりあらすじ

遠い未来。人類は地中深くに生存圏を見出し、時折村を襲う地震と落盤に怯えながらも何百年も息を潜めるように暮らしてきた。そんな集落の一つ・ジーハ村に二人の男がいた。一人は内気な少年・シモン。もう一人は地上があることを信じて疑わない男・カミナ。ある日、村の天井が崩れ落ち、顔が胴体の巨大なメカ・ガンメンと超電導ライフルを持った少女・ヨーコが落ちてきた。そして空から降り注ぐ太陽の光…。地上の存在を夢見ていたカミナの想いと共に、二人はヨーコを新たな仲間に加え、シモンが掘りあてたメカ・ラガンに乗って遥かなる地上へと飛び出す。だが、夢に見た地上は螺旋王が君臨し、その配下であるガンメンに乗った獣人たちが支配する世界だった。そんな絶望的な世界にカミナとシモンは挑んでいくのだが…。

2007年4月の放送開始から、アニメ界を席巻したTVアニメーション「天元突破グレンラガン」は、“アニメーション本来のドキドキ感、ワクワク感をもう一度”をテーマに「新世紀エヴァンゲリオン」など数々の話題作を制作してきたGAINAXがアニメーションを制作。熱狂的なファンが続出し、2007年の上半期はその怒涛のストーリー展開と劇場映画並みの映像クオリティが話題となった。またオープニングテーマ「空色デイズ」を中川翔子が担当し、作品の盛り上がりと同調しヒットを記録、紅白歌合戦でも披露された。放送終了後も世代を超えた作品のテーマの奥深さと完成度の高さが評価され、いくつもの賞を受賞。今度は映画界に風穴を開けるべく、プロジェクト始動。監督・シリーズ構成は、TVシリーズより引き続き今石洋之×中島かずき(劇団☆新感線)が担当、アニメーション制作もGAINAXが担当する。主題歌はもちろん中川翔子。

あらすじ以上
9月なのに真夏より暑い否熱すぎる!

基本的にはTV再編集版+αというところです。ストーリーの方もかなりの駆け足で展開していきます。しかし再編集版なので見たことない人でも大丈夫
紅蓮編はあくまで導入部なので次回の螺巌編になお期待

点数は

90点




下記ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング ドット ネットTREview

おくりびと

  • 2008/10/22(水) 12:22:28

今回はおくりびとです。

おくりびと@映画生活

以下映画生活よりあらすじ

所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だった。戸惑いながらも社長の佐々木に指導を受け、新人納棺師として働き始める大悟だったが、美香には冠婚葬祭関係の仕事に就いたとしか告げられずにいた。

納棺師とはなんと素敵な仕事だろう。主演の本木雅弘と山崎努のスムーズな手の動きに思わず見とれてしまう。それは美しく厳かな旅立ちの儀式にふさわしい所作なのだ。かつて旅先で遭遇した納棺の儀式に感銘を受けた本木の発案だというユニークな題材を持つ本作。『病院へ行こう』『バッテリー』などユーモアを交えつつ感動を生む人間ドラマが得意な滝田洋二郎監督がメガホンをとり、放送作家・小山薫堂が初めての映画脚本を手がけている。誰もがいつかは迎える死と、その日が来るまで笑って泣いて生きる人々の姿を、夢や仕事への誇り、あるいは親子、夫婦の絆を浮かび上がらせて描いた本作は誰の心にも深く残るに違いない。

あらすじ以上
よかったです。死というものを改めて考えさせてくれた作品です。
送るという職は決して後ろ指を指されるべき職業ではないです。むしろ誇ってほしいし、我々も偏見を持ってはいけないです。必ずといって良いほどお世話になる人たちなのだから


点数は

85点





下記ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング ドット ネットTREview

アイアンマン

  • 2008/10/21(火) 13:46:22

今回はアイアンマンです。

アイアンマン@映画生活

以下映画生活よりあらすじ

軍事企業CEOにして天才発明家のトニー・スタークは、武器のデモで訪れたアフガンで武装集団に拉致され、兵器開発を強要される。彼は医師インセンと共に兵器開発をするフリをしながら脱出用のパワードスーツを製作し、命からがらの脱出を果たす。帰国後トニーは自社の軍事産業からの撤退を発表。自らは自宅の作業部屋に篭って、新型パワードスーツの開発に没頭する。彼の周囲は恐ろしい陰謀がうごめいているとも知らずに……。

マーベルが新たに放つアメコミヒーロームービー。天才的な発明能力を持つ軍事企業のCEOトニー・スタークが、自ら開発したパワードスーツに身を包み陰謀と戦う姿を、迫力のアクションと共に描く。ロバート・ダウニー・JR.は熱量の高い演技でトニー・スタークの持つ強さを表現。単なる武器商人から真の平和を求める人間へと変化していく様をダイナミックに伝えている。ヒロイン役となるグウィネス・パルトロウはどこか抜けたコミカルな演技を披露。最高のテクノロジーの結晶であるアイアンマンが飛翔し、戦う姿は、機械的でソリッドな魅力に溢れている。これまでのアメコミヒーローとは一味違うヒーローがスクリーンに現れた。

あらすじ以上
これぞマーベルといったところか
ストーリーはまぁ深くは追求しなくても大丈夫です。
スピード前回でストレスを感じません。さらにスーパーテクノロジーが続々と・・・あんなの使ってみたいw
さすがは3億ドル突破作品というところか


今後2が出そうな雰囲気なので楽しみです。

点数は

80点






下記ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング ドット ネットTREview

幸せの1ページ

  • 2008/10/20(月) 00:51:09

今回は幸せの1ページです。

幸せの1ページ@映画生活

以下映画生活よりあらすじ

アレクサンドラは、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとまった。彼に協力を求めるつもりでいたが、ある日、南の島の少女・ニムから、物語のヒーロー宛にSOSのメールを受け取る。ニムを救うため、アレクサンドラは初めて家の外へ出て、南太平洋へと旅立つが…。

ウェンディ・オアーの人気児童書を映画化した冒険ファンタジー。孤独で引きこもりのベストセラー作家と、南の島で父親と暮らす少女の出会いを綴る。ハリウッドきっての演技派であり、最近は『フライトプラン』や『ブレイブ・ワン』などのタフなイメージが強いジョディ・フォスターが、これまでにないコミカルな演技を披露しているところが新鮮だ。『リトル・ミス・サンシャイン』でオスカーにノミネートされたアビゲイル・ブレスリンとともに大自然の中でアクションにも挑戦する。ニムの父親と冒険家の二役を演じたジェラルド・バトラーのワイルドな魅力も健在。観ると元気になれる、ハートフルなアドベンチャーだ。

あらすじ以上

なんだかすべてにおいて中途半端な出来。予告編ではもっと無人島での生活をするものだと思っていたのに・・・映像美を楽しむことくらいしか無いです・・・

点数は

50点





下記ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング ドット ネットTREview